Subscribe to 高価なプレゼント Subscribe to 高価なプレゼント's comments

ヤバい!!来週は嫁の誕生日なのに、まだプレゼント買ってない(-_-;)

どうしよう~汗汗

何を買えばいいのかも全く決めてないし。。。

確か去年の誕生日も困った覚えがあるな。

ホントに毎年このプレゼントには困ります。

コレが欲しい!!って言ってくれればいいんですが、何回聞いても特にない、って言われるだけ。

かといって、何も買わない訳にもいかないし。。。

お金でもあったら、ブランド物のバッグでも買うんですが、そんな余裕もないし(*_*)

何にしようかなぁ~・・・。


今まで他人にもらった中で、もっとも高価なプレゼントはブランド腕時計です。ロレックスの女性用で、オイスターパーペチュアルデイトジャストのピンクゴールドというモデルでした。

価格は70万円くらいでしょうか。自分では腕時計にお金をかけるなんていう習慣はまったくなかったので、70万でも十分高価すぎると思いますが、ロレックスの中では真ん中くらいのお値段なようです。もらっておいてなんですが、全く別世界の話だなと感じてしまいました。

とはいえやはり物はよく、気に入って15年以上愛用しています。ブランド腕時計というとシャネルやブルガリのイメージも強く、ちょっとつけるには気恥ずかしいデザインだなと思っていたものの、ロレックスのこのモデルは、びっくりするくらい普段からつけられるデザインなのがよかったです。文字盤の数字を含め、濃い色が全くはいっていない色調で、どんな服装をしているときでもよく合います。

ジュエリー部分も1カ所なので、変に目立つこともなく、アクセサリーというよりはしっかり時計の存在感があるので、嫌みにみえないのもいいです。いくつも欲しいとは思いませんが、1つは持っていてよかったと最近特に思います。自分ではやっぱり買えなかっただろうなとも思いますので。


今まで貰ったプレゼントの中で一番高価だったプレゼントは、シャネルのバッグです。シャネルのマトラッセで、彼氏からプレゼントされました。

いつも、欲しい欲しいと言っていたので、覚えていてくれて、一緒にお店に行って、好きなバッグを選んでいいよ、と言われました。

私は黒のシャネルバッグを選んで、これがいい、と言いました。彼は何も言わずに、支払いをしてくれました。

私はまさか本当に買ってもらえるとは思っていなかったので、大好きなマトラッセを選んだのですが、結婚を前提におつきあいしていたので、彼もふんぱつしたようです。(結果別れちゃいましたが…)

店員さんは、素敵なプレゼントね、といいながら、箱に入れてシャネルのショッピングバッグに入れて渡してくれました。

そのバッグを手にした私はもの凄く嬉しくて、部屋ではしゃいでいました。こんなに高価なプレゼントをもらったのは初めてのことでしたので、テンションが上がりました。

それから、そのバッグを持って、一緒に食事に行くことにしました。私はシャネルバッグを手にして、その中にお財布や化粧ポーチなどを入れて出かけることにしました。その前に、部屋でシャネルバッグを手にした記念写真を撮りました。

そんな良き思い出があったんですが、結局別れ、別れてから聞いたんですが、彼はどうやら私にバッグを買うのに即日キャッシングで借金までしていたみたいです。よく考えてみたら、いつもはお金を持っていなかった彼なのでおかしいですもんね。なんか悪い事をしてしまったと今更思っています。。


今までの人生で、自分が家内に上げたプレゼントで最も高価といえる品が、真珠の首飾りです。

価格の事を言うのは少々はばかれるのですが、片手に近い云十万円と言うところです。

世の中には何だその位の金額は、と思う人が山程おられますが、私にとっては唯一胸の張れる贈り物です。

私の場合お金もなかったので借金しちゃいました。まあこんなときぐらいはいいかなということで、カードローン会社一覧から選びました。

経緯については少々堅苦しい話ですが、若い頃からの無二の友人に、宝石関係の仕事をしている友がおり、それは販売でなく製作の仕事をしていました。

その友と50代に入っての頃、一献傾けての話の最中に何十年と言う結婚記念日に、贈り物をしたことありますか自分は仕事柄、多くの人より依頼を受けて製作してきた、君も一度真剣に考えたらどうだ、と言われて考えました。

友はある有名人達の仕事も永く、多くを製作してきておりました人物であり、彼の言うにはその人達を参考に上げて、我々は30年もの付き合いだ、鑑定書つきで絶対いいものを造って上げると、力説を受けましてこいつも中々いい事を言うなと、感心しながら依頼しました。

それから1ヶ月半頃で来たよ、との事で受け取りまして説明を受けました。

家内に事前に話しておりましたが、当日顔をほころばして受取り、その品を真剣な目で見つめて感心した様でした。

その光景は今でもよく憶えておりますし、その友とも勿論変わらぬ交際をしておりまして、人生を語っています。


婚約指輪などを除いて、一番高価なプレゼントをもらったのは、10年近く前のことです。 当時、お付き合いして半年くらいの彼氏がいて、その彼と過ごす初めてのクリスマスでした。

その時の私は、ブランドのバッグは自分で買うけれど、アクセサリーは絶対彼氏にプレゼントしてもらいたいという考えでした。 クリスマス近くなると、どんなアクセサリーをプレゼントしてもらおうかと、雑誌の特集を見て、会社の女の子でいつも盛り上がっていました。

当時、私はダイヤモンドのアクセサリーを持っていなかったので、ダイヤモンドのペンダントが欲しいと考えていました。 クリスマスが近くなり、彼とのデートで百貨店のアクセサリーコーナーにプレゼントを探しに行きました。

はっきりと覚えていませんが、彼と何店舗も回った記憶がないので、多分事前に一人で下見を済ませていたと思います。 一粒ダイヤにも憧れていましたが、ある程度のボリュームがないと却って貧相になってしまい、それだととても高額になるので、小さなダイヤモンドが5つ縦に並んだ、シンプルなプラチナのペンダントにしました。5万円でした。

貰ってすぐは、一人でにんまりしながら、時々家で眺めていました。 私の初めてのダイヤなので、それから何年も大事につけていました。

でも別れてから知った事なんですが、この彼はだいぶ無理をして買ってくれたみたいで、消費者金融から借金までしていたみたいです。こちら参考に:オリックスカードローン

さすがにこの話を聞いて申し訳なく思ってしまいましたね・・・


誕生日やクリスマス等、生きているとプレゼントを誰かに贈ったり誰かから頂いたりする様々な機会があります。その中身や金額は本当に人によって様々です。

私が今までに頂いたプレゼントの中で最も高価だったものは、有名ブランドのピアスです。私はこのピアスをまだ大学生だった20歳の誕生日の時に父からプレゼントとして頂いたのですが、値段を調べると、今まで私が生きてきた中で頂いたプレゼントの中で最も高価だと知りました。

価格は両耳セットで、約6万円程です。今まで数百円、高くても数千円のピアスしか購入した事のなかった私にとって、6万円という価格はとても高級に思えました。そのピアスは18金で出来ていて、大きくはありませんが、ダイヤモンドが少しだけついています。 形はとてもシンプルで飽きのこないデザインなので、どんなファッションにも合い、とても気に入っています。 このプレゼントを父から頂いた時に、なぜこんな高価な物をくれるのかと理由を尋ねると、「20歳は特別な歳だから。」と言っていました。

初めてプレゼントとして父から頂いた、「本物」のピアスは私が20歳を迎えた時の思い出と記念として、これから一生大切につけていこうと思います。父にはとても感謝しています。


私が今までに贈ったことのあるプレゼントの中で、もっとも高価なプレゼントといえば…

やはり…、結婚十周年の時に主人にプレゼントした…大きなアメリカンバイクです。

中古車ですが、購入価格は50数万円ととても高く…

今まで私が人に贈ったプレゼントの中では一番高価なプレゼントとなりました。

もともと、主人は車やバイクなど…大の乗り物好き…。

結婚十周年という私たちの大事な記念日に、日ごろの主人への感謝の気持ちも込めて… (私も仕事をしているため、家事にも育児にもとても協力的な旦那さんです。)

以前から主人の欲しがっていたバイクをプレゼントしてあげようと思いました。

もちろん、そのバイクの購入費用は結婚してから一緒に貯め始めた、家族としての貯金からではなく…

私からの感謝の気持ちという意味も込め… 全ての費用は私の独身時代の貯金から捻出することにしました。

私自身としても、これから先もう2度とないだろう…と断言できるくらいとても高価なプレゼントでしたが…

納車されたバイクを見て、ニコニコと嬉しそうにしている主人の顔を見ていると…

プレゼントの購入金額なんてどうでもいいや…なんて思ってしまうくらい… 私自身も大変嬉しく幸せな気持ちになることができました。

でも、その後ちょっとお金を使い過ぎちゃいまして、銀行で借りる羽目になっちゃいましたが・・・ ローン主婦

これは仕方ないですね。笑


私がこれまでもらったプレゼントで、いちばん高価だったモノはオメガの時計です。

この時計は、私が20歳になった時に父からプレゼントしてもらったものです。 今でも大切に使っている、大切な思い出の品です。

父は昔、時計を収集するのが趣味だったようで、自分のお給料を貯金しては、一生懸命働いた自分を報いるために時計を購入していたようです。

母と結婚し、私が産まれたために、その趣味をあきらめ、家族のためにお金を使うようになったと母から聞かされました。

そんな父は、良いモノをしっかりと見分けることができるようで、「良い時計をひとつ持っていれば、どんな場面でも恥ずかしくない」とか「時計を見れば、その人がどんな人か分かる」と言っていました。

私が20歳になり、数年後には就職活動などスーツを着る機会も増えるということで、父は私にオメガの時計を購入してくれたのです。

この時計をプレゼントしてもらって、私はとてもビックリしました。 それまでの父は、プレゼントを頻繁に買ってくれるようなタイプではなく、しつけに厳しい父親だったからです。

この事がきっかけになり、私はなんだか父に一人前の大人の人間として認めてもらえたようで、とても嬉しかったのを覚えています。


私は35歳の誕生日の日に、妻から2万円もする筆入れをプレゼントされました。

私は広告関係の仕事をしているのですが、日常業務が広告物の校正、アイデア出し、企画書作り等なので、筆記用具は普段からよく使っていました。

ある程度の年齢にもなり、毎日使う仕事道具ぐらいは良いものを使いたい、そして、それが退職する日まで使えるものだったら、どんなにすばらしいことかなど、よく妻にも伝えていたからです。

しかしなかなか実際に自分から、そうした高価な筆記用具を買うことができず、躊躇していたので、このプレゼントをもらった時は、すごく嬉しかったです。

この筆入れはヌメ革でできていて、シャープペンやボールペン、マジックなどが何本も入るほど、大きなものです。

妻からもらった時は、まだ白っぽい革の色をしていたのですが、少し日焼けさせてから使った方がいいと、店の人からアドバイスを受けたようで、私はよく夏の日に、車のダッシュボードの上に置いて、この筆入れを両面、丹念に日焼けさせていきました。

そして2ヶ月に1度ぐらいのペースでクリームを塗り続け、6年経った今では、飴色のキレイな筆入れになりました。

こうした経年変化を楽しめるところが、この筆入れの一番いいところだと思います。


今までで頂いた中で一番高価なプレゼントは婚約指輪です。 ティファニーの立て爪のシンプルな指輪を頂きました。 婚約指輪は絶対この形がいいと思っていたので、とてもうれしかったです。

婚約指輪は2人で見に行って選びました。 婚約指輪は給料3か月分とかよく言われていたかもしれないですが、最近はそんなに高くないものも多いような気がします。 上を見るとキリがないですけどね。 私は25万くらいのものを頂きました。 ダイヤは重さやカット、色で大きく値段が変わってくるんですね。 色も本当にわずかにこっちの方が黄色いかな~ぐらいでも2万くらい変わってきます。 私はそんなに色にこだわりはなかったので、色のグレードを落として、価格を抑えてあげました。笑

婚約指輪はそれほどつける機会もないし、新婚旅行とか新生活に使うっていう考え方もあり、私たちも買うかどうか悩みました。 でも、今は頂いてよかったと思います。 結婚式とかパーティに出席するときにつけられるし、見るたびに結婚したときの幸せな気持ちがよみがえるからです。

女性が婚約時にもらうものは大体婚約指輪が多いですが、男性は決まってないですよね。 私もお礼に何か贈ったと思うのですが、忘れてしまいました。 値段も婚約指輪の3分の1とかだったような・・・ 男性は大変ですね。

個人事業主の彼は、個人事業主ローンを利用して買っていたというのは後で知りました・・・。ローンを利用してまではかってほしくなかったなという本音もあります。